マンスリーマンションは合理的な家具家電付き賃貸物件です

マンスリーマンション生活

マンスリーマンションは家具家電付き

リビング

博多におすすめのトランクルームを借りれる場所のご紹介です!こちらでは、24時間完備されている人気のトランクルームのLCBOXがおすすめです!博多駅からすぐなので、アクセスもしやすいことでも有名です!ぜひこの際に活用してみてはいかがでしょうか?


私は一カ月から数カ月間の短期出張が多いです。主に国内の東京都市部に出張します。その場合、たいていマンスリーマンションを利用します。ホテル滞在だと高くつきます。一般的な賃貸マンションだと、もっと長期の契約が多いから、その点、柔軟に対応できるマンスリーマンションだと、いろんな点で合理的です。
まず、家具や家電が備え付けなので、滞在のたびにそろえる必要はありません。大物の家電や家具だけでなく、小物の食器類や洗面道具なども揃っている場合もあります。マンスリーマンションという呼び名から、最低一か月単位での契約と思う人も少なくないようですが、実は1週間辺りから賃貸できます。日割り計算もしてくれる場合が多いです。ウィークリーマンションというのもあります。それは一週間単位からの契約という意味ですが、ウィークリーマンションもマンスリーマンションも基本的な単位はあるものの、実質的には似たような柔軟性があって、利用する人の滞在期間に合わせた契約ができるのが一般的です。
ただ、マンスリーとウィークリーの呼び名の違いはあるわけで、経験的にマンスリーのほうが数か月、あるいはもっと長期の滞在にも適した設備が整っている印象があります。

マンスリーマンションは便利で住みやすい

何年も同じ場所に住み続けるなら普通の賃貸住宅で良いですが、比較的短期の場合ならマンスリーマンションが最適です。多くの点でとても利便性が高いので、快適に生活することができます。例えばテレビや炊飯器などの家電製品は初めから揃っています。またタンスやベットなどの家具や、タオルや食器などの生活必需品が一通り揃っています。なので少しの着替えや身の回りの品などがあれば、カバン一つだけで入居してすぐに何不自由なく生活を始められます。
またマンスリーマンションの場合は礼金や敷金などが一切不要なので、経済性の面から見ても優れています。賃貸住宅でインタートネットを使いたいときには、自分で手続きする必要があります。でもマンスリーマンションでは初めからネット環境が整備されています。他にも電気やガスや水道などのライフラインの手続きも必要ありません。とにかく引っ越しにかかる面倒な雑務をしなくていいので本当に気楽です。 
ホテルだとどうしても狭いですが、マンスリーマンションは基本的に普通のマンションと同じなので充分な居住空間を確保できます。キッチンもあるので自由に自炊もできます。つまりホテルとマンションの両方のいいとこ取りをしたのがマンスリーマンションだといってよいでしょう。

マンスリーマンションで一人暮らしをする

とりあえず一人暮らしを始めてみたいというのであれば、マンスリーマンションが一番いいのかも知れません。それにはそれなりの理由があって、まず家具類が既に用意されているんですね。生活に必要なタンスなどをいちいち持って行くというのは非常に面倒くさい行為だと思います。でも最初からありますから、中の服とか下着とかそういうものだけ持ってけばいいのです。引越しの際の荷物を最小限にする事ができるというのはマンスリーマンションの大きな利点です。
また一人暮らしというのは案外早い内に諦めてしまう事が多いものです。しかしその時に1年契約などしていますと家賃が無駄になってしまう可能性が出てきます。でもマンスリーマンションの場合でしたら1ヶ月間の契約が基本の単位となるので余計な家賃を支払う必要がありません。特に若い人などは考えがコロコロ変わったりするものですから。この様な賃貸契約のマンションに住んでいたほうが後々楽ではないかなと思います。
おそらく皆さんの自宅の近くにもこの様なタイプのマンスリーマンションが数多く存在しているはずです。インターネット等で業者のサイトを見ると沢山物件が見つかるので、その中から気に入ったものを選んでみてください。

TOPへ